素人が真似できない!チラシ印刷業者のノウハウやスキル

広告物

人間の心理を利用する

名刺

ビジネスマンにとって名刺は欠かすことができないツールでしょう。特に初めて会う人に、自分の顔と名前を覚えてもらうためにも、名刺で相手の脳裏に焼き付けることが大事です。人間の心理を上手に利用して名刺を作ることで、名刺を一度見ただけで忘れることができないものになるでしょう。
人間の心理を利用した名刺を印刷するときは、名刺のカラーが肝心です。名刺のカラー次第で印象は随分と変わります。そのため、名刺のカラーを印刷するときはよく考えてから行いましょう。名刺のイメージは最終的にカラーで決まります。

では、具体的にカラーが人間に与える心理を説明します。
赤はパワーや愛の色です。とても力強い印象を与えます。一般的に白の名刺が多いので、名刺のカラーを赤で印刷することで、競合との差を名刺交換で出すことができます。
黄色は知性や活発さ、警戒や臆病を意味する色です。黄色は誰にでも似合う色ではありません。黄色で印刷する場合は、知的でしかも元気な印象を与えることができるでしょう。
青は冷静や信頼、誠実さを表します。企業にとっては誠実さがとても大事です。そのため、信頼や誠実をアピールしたい人は名刺のカラーを青にすると良いでしょう。相手に信頼されやすくなるかもしれません。
緑は生命や成長、お金を表す色です。将来的にもっと成長したいと考えている人は緑を選びましょう。
このように、名刺のカラー次第でイメージが変わります。そして、ビジネスにもきっと役に立つでしょう。人間の心理を利用して名刺を印刷しましょう。